映画学校のニューシネマワークショップ

HOME > 特別講座 > シリーズ「映画業界のレジェンドたち」(その1)李 鳳宇

ニューシネマワークショップ特別講座2017 vol.5 シリーズ「映画業界のレジェンドたち」(その1)李 鳳宇

特別講座せる あの『フラガール』から10年、そして今再び!

2000年代を席巻した映画界の風雲児が自らの映画人生を語る!!


特別講座の新シリーズ「映画業界のレジェンドたち」がスタート! 第1回目は、元シネカノン代表の李鳳宇氏。1989年にひとりで始めた会社が次々とヒット作を生み出し、2000年には『シュリ』を配給し韓流ブームの火付け役となり、プロデューサーとしては『パッチギ!』(2005)『フラガール』(2007)などを大ヒットさせ、それまでの日本映画界の常識を打ち破る活躍で、まさに2000年代の“映画界の風雲児”となった。しかし2010年、会社が多額の負債を抱え民事再生法の適用を申請するという大きな挫折を経験。それでもその後、RESPECT(レスペ)の代表となり、配給&プロデュースを精力的に続けている“不屈の映画人”李鳳宇氏に自らの映画人生をじっくり語ってもらう! 映画配給やプロデュースをめざす人には必聴の講座です!!

講師

李 鳳宇(株式会社 RESPECT(レスペ)代表)

『月はどっちに出ている』『シュリ』『JSA』『パッチギ!』『フラガール』


進行

武藤起一 (NCW主宰)

リングサイド・ストーリー

『リングサイド・ストーリー』

©2017 Ringside Partners
配給:彩プロ
10/14(土)新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国ロードショー
※李鳳宇さんがプロデュース

J:ビヨンド・フラメンコ

『J:ビヨンド・フラメンコ』

©TELEFONICA STUDIOS, DTS, TRESMONSTRUOS MEDIA, TRESMONSTRUOS PC, ARAGÓN TELEVISIÓN
配給:レスペ
今冬、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー

講師紹介

李 鳳宇 Lee Bong-Woo(株式会社 RESPECT(レスペ)代表)

李 鳳宇

1989年にシネカノン設立。1989年から現在まで200本以上の映画製作、配給を手がける。
1993年の初プロデュース作『月はどっちに出ている』は、キネマ旬報ベストワン他、内外の50以上の映画賞を受賞。以降、話題の日本映画を数多く製作。1990年代半ば以降の『風の丘を越えて〜西便制〜』『シュリ』『JSA』『殺人の追憶』などの紹介・配給で韓流ブームの火付け役ともなった。2005年『パッチギ!』でキネマ旬報ベストテン第1位、2007年『フラガール』で日本アカデミー賞 最優秀作品賞をインディペンデント映画会社として初めて受賞した。2012年、株式会社RESPECT(レスペ)を設立。近年のプロデュース作に2012年『EDEN』、2014年『イン・ザ・ヒーロー』、2016年『健さん』、2017年秋公開予定の『リングサイド・ストーリー』、最近の配給作品には『グレート・ビューティー/追憶のローマ』、『グロリアの青春』、『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』、『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』などがある。現在、立命館大学映像学部客員教授を務める。

ニューシネマワークショップ特別講座2017 vol.5 シリーズ「映画業界のレジェンドたち」(その1)
李 鳳宇(り ぼんう)


日時 2017年8月27日(日)14:30〜17:00
定員 40名(申込先着順) *どなたでも参加できます
受講料 1,500円(税込)
会場 ニューシネマワークショップ
東京都新宿区早稲田町73番地 村橋ビル2F

特別講座お申込みはこちら

またはお電話でも受け付けています 03-5285-7455 月〜金曜12:00〜19:30(水曜15:30〜)