映画学校のニューシネマワークショップ

HOME > 特別講座 > シリーズ「プロデューサー烈伝」(その1)真木太郎『この世界の片隅に』

ニューシネマワークショップ特別講座2017 vol.6 シリーズ「プロデューサー烈伝」(その1)真木太郎『この世界の片隅に』

特別講座くるせる
奇跡のアニメをつくったプロデューサー!

『この世界の片隅に』はどうやって生まれ、大成功を成し得たのか!?


今回よりまた新たな特別講座のシリーズ「プロデューサー烈伝」がスタート! その第1回目は、NCW史上初となるアニメーションのプロデューサーの登場。昨年11月に小規模公開の長編アニメとして劇場公開されると、話題が話題を呼び大ヒットを記録。キネマ旬報ベストテン第1位を始め、いくつもの映画賞を受賞し、興収は25億円を越え、現在も上映が続いており、さらに世界40カ国以上でも上映されるという、まさに奇跡のインディペンデント・アニメとなった『この世界の片隅に』。この作品のプロデューサー・真木太郎氏を迎え、企画から完成まで約6年を要したというこの映画はどうやって生まれたのか、そして、どうやってここまでの成果を成し遂げたのかを語ってもらう。アニメだけでなく、日本映画の未来を考える上でも必聴の講座です!!

講師

真木太郎(株式会社ジェンコ 代表)

『この世界の片隅に』


進行

武藤起一 (NCW主宰)

『この世界の片隅に』

『この世界の片隅に』

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
全国にて大ヒットロングラン上映中!
Blu-ray&DVD 2017年9月15日発売
発売・販売元:バンダイビジュアル

講師紹介

真木太郎 Maki Taro(株式会社ジェンコ 代表)

真木太郎

1955年生まれ、岐阜県出身。早稲田大学法学部卒業後、1977年に東北新社へ入社。ホームビデオ時代に伴い洋画の買付や映画の製作・配給業務に従事するとともに、『機動警察パトレイバー the Movie』(1989)など、アニメ作品の製作にも携わる。その後1990年、パイオニアLDCに入社。大ヒットアニメ『天地無用』(1992年)シリーズなどをプロデュースした経験から、1997年に業界では珍しい作品企画・プロデュース専門会社である株式会社ジェンコを設立。現・代表取締役。第36回藤本賞・特別賞受賞。ジェンコで手掛けた主な作品は、『千年女優』(2002)、『東京ゴッドファーザーズ』(2003)、『鉄人28号』(2004)、『ハチミツとクローバー』(2005)、『のだめカンタービレ』(2007)、『ソードアート・オンライン』(2012)、『きんいろモザイク』(2013)、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(2015)、『この世界の片隅に』(2016)、『DOWNRANGE』(2017)など。

ニューシネマワークショップ特別講座2017 vol.6 シリーズ「プロデューサー烈伝」(その1)
真木太郎


日時 2017年9月22日(金)19:30〜22:00
定員 40名(申込先着順) *どなたでも参加できます
受講料 1,500円(税込)
会場 ニューシネマワークショップ
東京都新宿区早稲田町73番地 村橋ビル2F

※定員に達したためキャンセル待ちとなります

特別講座お申込みはこちら

またはお電話でも受け付けています 03-5285-7455 月〜金曜12:00〜19:30(水曜15:30〜)