映画学校のニューシネマワークショップ

HOME > 特別講座 > シリーズ「映画制作のNEW WAVE」(その1)映画監督・佐藤信介の制作現場

ニューシネマワークショップ特別講座2017 vol.7 シリーズ「映画制作のNEW WAVE」(その1)映画監督・佐藤信介の制作現場

特別講座くる

『図書館戦争』『アイアムアヒーロー』で導入した最も進化した現場システムとは!?


映画の制作現場にデジタルが導入されて10年以上が経ち、今や日本映画のほとんどはデジタルカメラで撮影されるようになった。その一方で、多くの現場ではまだまだ昔ながらのアナログなシステムでの制作が行われている。
学生時代に撮った短編がPFFグランプリを受賞し、2001年に監督デビューを果たし、今や『GANTZ』シリーズ、『図書館戦争』シリーズなど、常に東宝全国公開のメジャー作品を手がけるようになった佐藤信介監督は、制作現場での監督とスタッフ間のコミュニケーションにiPadなどデジタルツールを積極的に導入し、ロケーションハンティング、美術プラン、絵コンテ、シナリオ修正など現場作業を効率的かつ正確性を求めながら実践してきた。
今回、佐藤監督を迎え『図書館戦争』『アイアムアヒーロー』を例に、iPadを活用した制作現場について説明してもらうという、今までにはなかった“映画をつくる人のための実践的特別講座”です。映画監督やプロデューサーを目ざす人たちには大いに役立つこと間違いなし!!

講師

佐藤信介(映画監督)

『GANTZ』シリーズ、『図書館戦争』シリーズ、『アイアムアヒーロー』


進行

露木栄司(NCWクリエイターコースディレクター)

『アイアムアヒーロー』(監督:佐藤信介)

『アイアムアヒーロー』(監督:佐藤信介)

©2016映画「アイアムアヒーロー」製作委員会/©花沢健吾/小学館
「アイアムアヒーロー」BR&DVD好評発売中!

講師紹介

佐藤信介 Sato Shinsuke(映画監督)

佐藤信介

1970年生まれ、広島県出身。武蔵野美術大学在学中に脚本・監督を手掛けた16ミリ短編映画『寮内厳粛』が、1994年のぴあフィルムフェスティバルでグランプリを受賞。『LOVESONG』(01)で監督メジャーデビュー。続く第2作目のアクション映画『修羅雪姫』(01)が、世界20カ国以上で公開。2011年、『GANTZ』と続編の『GANTZ:PERFECT ANSWER』が大ヒットを記録。その後『図書館戦争』シリーズ(13,15)も多くの根強いファンに支持される。『アイアムアヒーロー』(16)では、世界三大ファンタスティック映画祭にてグランプリ獲得を含め、5冠制覇する。最新作『デスノート Light up the NEW world』も20億円のヒット。2018年には『いぬやしき』『BLEACH』の公開も控えている。

ニューシネマワークショップ特別講座2017 vol.7 シリーズ「映画制作のNEW WAVE」(その1)
映画監督・佐藤信介の制作現場


日時 2017年11月3日(金・祝)14:00〜17:00
定員 40名(申込先着順) *どなたでも参加できます
受講料 1,500円(税込)
会場 ニューシネマワークショップ
東京都新宿区早稲田町73番地 村橋ビル2F

※定員に達したためキャンセル待ちとなります

特別講座お申込みはこちら

またはお電話でも受け付けています 03-5285-7455 月〜金曜12:00〜19:30(水曜15:30〜)