ニューシネマワークショップ

圧倒的実績を誇る映画学校
ニューシネマワークショップ

WORKSHOPワークショップ紹介

[演じる] 映画アクターズワークショップ 2018 vol.17吉野竜平監督クラス

映画俳優をめざす人のための4日間集中講座!

  • 第一線で活躍している映画監督の演技ワークショップです!
  • 日曜夜、4日間の受講しやすいクラス!
  • 11~12月は吉野竜平監督クラスです!

今年で16年目を迎えたニューシネマワークショップの映画アクターズワークショップ。
11~12月に開催するクラスは、『スプリング、ハズ、カム』(主演:柳家喬太郎、石井杏奈)が話題になりました吉野竜平監督クラスです。今回は社会人の方や学生の方も通いやすい、日曜の夜クラスになります。

吉野竜平監督クラス

11/18 (日) 25 (日) 12/2 (日) 9 (日)
各日 18~21時

講師プロフィール

吉野竜平

1982年、神奈川県出身。
法政大学在学中よりニューシネマワークショップを受講、映像制作を開始。
大学卒業後、日本映画学校にて撮影照明技術を専攻。声優として活躍する朴璐美を主演に、カルト宗教にのめりこむ親子を描いた初長編監督作品『あかぼし』(’12)は、その完成度の高い脚本、緻密で力強い演出が注目を浴び、’12年東京国際映画祭に出品。本作では前作での苛酷な母子像から一転、地方都市から上京してくる娘と父の部屋探しを通して、どこにでもいそうな父娘のありふれた一日をあたたかい眼差しで切り取ってみせた。
’15年に、東京国際映画祭へ出品され、主演の柳家喬太郎と石井杏奈の好演で高い評価を得た。

【監督からのメッセージ】
腹の立つ人に出会ってしまったとき、その人の喋り方や仕草をじっと観察してしまう。
いつか自分が描くかもれない嫌味なキャラクターに反映させるため、細かく観察して頭の中にストックしておく。
嫌なことや悲しいことを経験しても、それを創作に生かしてプラスに変えられる、これが自分の職業のいいところだな、と思う。
役者の人にも、これと同じ思考を持っている人は多いんじゃないだろうか。
腹の立つ人だけじゃなく、素敵な人や面白い人、日常の些細な出来事や忘れられな い大事件…。
あなたがいままでに出会ってきた人や経験してきた出来事を反映した、あなたにしか出来ない演技が見られたら嬉しいです。

『スプリング、ハズ、カム』
配給:エレファントハウス
(c)「スプリング、ハズ、カム」製作委員会
クラス 4日間のプログラム
時間 各日 18~21時
受講資格 14才以上であれば演技経験等は問わない
定員 20名(定員に達し次第締切)
受講料 17,000円(初めての方) 
15,000円(過去受講者割引)
会場 ニューシネマワークショップ(東京メトロ東西線 早稲田駅1番出口 徒歩1分)

東京都新宿区早稲田町73番地 村橋ビル2F

お申込方法

  • 1お申込みフォームからお申込ください

    お申込みフォーム

  • 2書類審査

    書類審査の上、結果をメールにて通知します。締切りとさせていただきます。

    ※選考結果の理由についてはお答え出来ませんのでご了承ください。

  • 3受講料のお支払い

    通過通知を受けとった方は、コース費用を指定の銀行口座に指定の期日までにお振込ください。 追って講座の詳細をお送りします。

お問い合わせ先

ニューシネマワークショップ TEL:03-5285-7455
actor@ncws.co.jp