ニューシネマワークショップ

圧倒的実績を誇る映画学校
ニューシネマワークショップ

NEWS最新ニュース

最新ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭受賞のOB藤村明世監督より喜びの声!

今年の7月、埼玉県川口市で開催されていたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016で、クリエイターコースOB・藤村明世監督の初長編『見栄を張る』が、長編コンペティション部門で「SKIPシティアワード」を受賞しました。(同賞は日本作品の中で最も優れたものに贈られます)

その藤村監督から喜びのコメントが到着しました。
「自分の監督作品で、初めて賞をいただきました。とても嬉しいです。この作品は、CO2(シネアスト・オーガニゼーション大阪)の映画企画募集で選ばれ制作がスタートしました。
話し合いを重ねながら映画を引っ張ってくれた今井プロデューサー、二人三脚で主人公、絵梨子について一緒に考えてくれた主演の久保陽香さん、そしてつまづきそうになるたび手を差し伸べてくれたスタッフ、キャスト、和歌山県の皆さん、制作の機会を与えて頂いたCO2、『見栄を張る』に関わってくださった全ての方に感謝したいです。ありがとうございました。
今後も、もっと多くの方々にこの映画を観ていただけるよう、また私自身もこの映画に終わらず次の作品に向かえるよう、この賞を糧に、自分の信じる光に向かって走り続けて行きたいと思います。」

『見栄を張る』の劇場公開等、今後の展開が楽しみです。

<藤村明世プロフィール> 
2012年より映画クリエイターコース[ベーシック][アドバンス]を受講。アドバンス受講時に脚本選考で選出されて監督した実習作品『彼は月へ行った』がPFFアワード2014で入選を果たす。2015年のCO2助成作品に選出され、長編作品『見栄を張る』を初監督し、2016年の大阪アジアン映画祭で初上映、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭では日本作品の最高賞に当たるSKIPシティアワードを受賞する。

20160923-yone-news1
受賞挨拶をする藤村明世監督
提供:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務

20160923-yone-news2
ずらりと並んだ受賞者(前列、右から2番目が藤村監督)
提供:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

2016.09.23

  • 共有
  • twitter
  • facebook
  • line

最新ニュース一覧