TEACHERS講師紹介

映画ディストリビューターコース[みせる] 講師紹介

業界で活躍中の最高の講師陣

映画ディストリビューターコースの講師陣は、配給、宣伝、興行、映画祭など、全員が映画業界の第一線で活躍する映画人です。業界を熟知した最高の講師陣が、受講生を本物の映画の仕事に導いてくれます。

武藤起一
武藤起一ディレクター

1985年より7年間「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」のディレクターを務める。91年には、映像コンテスト番組「えび天」(TBS系)のレギュラー審査員として辛口な批評で定評を得る。その後、「神戸国際インディペンデント映画祭」のディレクターなどを経て、日本の新しい映画状況を切り拓くための様々な活動を展開。
97年に「ニューシネマワークショップ」を開設し、98年には劇場用映画『アベックモンマリ』を、2001年に『とらばいゆ』をプロデュース。その後、NCW製作・配給の劇場用映画として『アニムスアニマ』(03)、『非女子図鑑』(08)、『サビ男サビ女』(10)などをプロデュース。

スペシャルスタッフ(順不同)

ニューシネマワークショップの講師は1人のディレクターと多くのスペシャルスタッフから成ります。スペシャルスタッフは特別講師に当たります。全員が、現役として映画業界の第一線で活躍中の方々です。日本の映画業界を支える人たちのレクチャーを聞くことにより、深い知識と大きな刺激を得ることができます。

※スケジュール等の関係でレクチャーできな方が出てくる可能性があります。
※下記の方々は映画クリエイターコース[ベーシック][アドバンス]または「特別講座」でレクチャーを行います。
※この方々以外にも、著名な映画人にスペシャルスタッフとして来ていただいています。

  • 照本良

    パブリシティ会社 P2 代表

    『万引き家族』
    『プーと大人になった僕』
    『日日是好日』
    「NETFLIX」

    1985年にP2を設立。以来30年以上、映画宣伝の第一線で400本以上の作品を手がける。ニューシネマワークショップには開校時より講師として参加。

  • 竹内伸治

    フリーランス 映画宣伝プロデューサー

    『かぞくのくに』
    『の・ようなもの のようなもの』
    『海辺の生と死』
    『ジグソウ:ソウ・レガシー』

    アスミック・エースで宣伝部長、常務執行役員など歴任、宣伝プロデューサー/統括として活躍し2009年退社。11年から1年間スターサンズ在職。12年10月よりフリー。

  • 因藤靖久

    松竹ナビ株式会社 代表取締役社長

    『空飛ぶタイヤ』
    『8年越しの花嫁』
    『レザー・フェイス』
    『ハナレイ・ベイ』

    アミューズ・ピクチャーズ、ショウゲートなどの配給会社を経て、2008年~2015年まで松竹映画宣伝部長を務める。現在は松竹ナビ株式会社代表取締役社長。

  • 叶井俊太郎

    フリーの宣伝プロデューサー

    『熱狂宣言』
    『めんたいぴりり』

    アルバトロス・フィルム在籍時に『アメリ』を大ヒットさせる。その後トルネード・フィルムを設立、独特な作品の製作、配給を行う。その後トランスフォーマーで配給宣伝を担当し、さらに(株)レスペにて配給宣伝を担当した。現在は作品契約のフリーの宣伝プロデューサー。

  • 池田史昭

    配給会社熱帯美術館 代表取締役

    『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』
    『パリ3区の遺産相続人』
    『冬冬の夏休み』
    『ティエリー・トグルドーの憂鬱』

    東宝で映画興行に携わったのち、ギャガでハリウッド作品の買付を担当。ハピネットを経て、配給会社熱帯美術館を設立。アート系作品を中心に世界の映画を配給中。

  • 久保浩章NCW OB

    フラッグ 代表取締役

    『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
    『プーと大人になった僕』
    『空飛ぶタイヤ』
    『名探偵コナン ゼロの執行人』

    大学在学中にフラッグを設立。映画のWEBプロモーションやソーシャルメディアマーケティングを中心に担当。公式サイト制作や映像制作も手がける。

  • 小西啓介

    映画会社ファントム・フィルム 代表取締役

    『あと1センチの恋』
    『君の名前で僕を呼んで』
    『勝手にふるえてろ』
    『娼年』

    東北新社を経て、2003年ファントム・フィルムを設立。以来、洋画の買付、邦画の企画製作などをオールマイティに手掛け、毎年数多くの個性的な作品を世に送り出す。2017年にはアカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』を買付・配給する。

  • 中島洋

    札幌シアターキノ 代表

    札幌にある市民映画館「シアターキノ」を設立、運営すると同時に地方における映画上映活動を牽引する。

  • あがた森魚

    歌手/函館港イルミナシオン映画祭ディレクター

    音楽、映画等で独特な作品世界を展開。函館港イルミナシオン映画祭のディレクターを第1回(1995年)より務める。

  • 石坂健治

    日本映画大学教授/東京国際映画祭「アジアの未来」ディレクター

    2011年開校の日本映画大学で教鞭をとる、国際映画祭ディレクター。

  • 矢田部吉彦NCW OB

    東京国際映画祭 作品選定ディレクター

    東京国際映画祭の上映作品選定業務で海外映画祭を駆け回る。特集上映や関連イベントも企画。

  • 青木眞弥

    キネマ旬報社 業務推進部部長

    「キネマ旬報」編集長などを経て、現在は書籍、映画パンフレット等の編集を手がける。

  • 塩田時敏

    映画評論家/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭コンペティション部門ディレクター

    多くの雑誌、新聞に執筆する他、29周年を迎えたゆうばりファンタで若手作家の発掘も手がけ、日本映画のための活動を続ける。近年、初監督作となる短編『りりかの星』が完成間近。

  • 池ノ辺直子

    映像ディレクター/バカ・ザ・バッカ代表取締役

    『スリー・ビルボード』
    『シェイプ・オブ・ウォーター』
    『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』
    「東京国際映画祭2018」

    予告篇制作会社バカ・ザ・バッカの代表として30年以上、映画予告篇の制作にかかわる。予告篇上映カフェ「Cafe WASUGAZEN」の運営や「otoCoto」のポータルサイトでは「新・映画は愛よ!!」にて映画情報を発信している。