ABOUT NCWNCWについて

NCWとは

映画業界で圧倒的実績を誇る
映画学校です。

26年目のチャレンジ
「映画をやりたい」と思っている人へ

ニューシネマワークショップ(NCW)は、1997年のスタートから四半世紀がたちました。
その間に、50人の[つくる]コース卒業生が映画監督としてデビューを果たし、そのうちの数人は「日本映画を支える」エース監督として活躍しています。五百数十人の[みせる]コース卒業生が映画の仕事に就いて、その何割かは「日本の映画業界になくてはならない人」としてがんばっています。
そしてNCWは、26年目になりました。
2020年から2021年にかけて、映画業界もコロナ禍という大きな試練に見舞われました。さまざまなものが停滞しました。当然ながらNCWもその影響を受けました。
しかし、私たちは少しも悲観してはいません。
この25年の間に映画業界もNCWも多くの試練に見舞われてきました。そして、その度にそれらを克服してきました。今回もきっと克服できるはずです。映画業界はこれから再び活気を取り戻していくでしょう。
ただ、映画産業がより元気になるためには、新しい優れた人材が必要です。
私たちは25年間、NCWを通じてそういう多くの人材を映画の世界に送り出してきました。
そして今、私たちはこれまで以上にがんばって、より多くの優れた人材(卒業生)を送り出したいと思っています。
そのためにも、NCWのカリキュラムやシステムにおいてさまざまな改革を行っていきます。例えば、コロナ禍で大きな役割を果たしたオンライン授業を今後もうまく活用して、より密度の濃い受講生とのコミュニケーションを図り、より緻密な指導を行っていきます。また、地方や遠方に住んでいる方でもより受講しやすい環境をつくります。他にもいろいろな新しい試みを行います。
これからの映画業界を切り開き、担っていくのは、今「映画をやりたい」と思っている皆さんです。
NCWは、そんな皆さんに大きな希望と勇気を与えていきたいと思います。
映画をやってみたい人は、まず一歩を踏み出してみてください。

武藤起一(ニューシネマワークショップ主宰)

PROFILE
武藤 起ー
ニューシネマワークショップ主宰武藤 起ー(むとうきいち)

1985年より7年間「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」のディレクターを務める。91年には、映像コンテスト番組「えび天」(TBS系)のレギュラー審査員として辛口な批評で定評を得る。その後、「神戸国際インディペンデント映画祭」のディレクターなどを経て、日本の新しい映画状況を切り拓くための様々な活動を展開。97年に、全く新しい映画人養成機関として「ニューシネマワークショップ」を開設。以降20年間、NCW主宰として数多くの卒業生を映画業界に送り出す。
98年には劇場用映画『アベックモンマリ』を、2001年に『とらばいゆ』をプロデュース。またNCW製作・配給の劇場用映画として『アニムスアニマ』(03)、『非女子図鑑』(08)、『サビ男サビ女』(10)などをプロデュース。主な著書に「シネマでヒーロー」(俳優編、監督編/ちくま文庫)などがある。

NCWの特徴

  • 最短期間で目標に到達できる

    ニューシネマワークショップのコースはすべて半年間。[ベーシック]&[アドバンス]を受講すると1年間。誰もが最短で自分のめざすところ(目標)にたどり着けます。それを可能にしているのは、ニューシネマワークショップならではの密度の濃いカリキュラムと、しっかりしたサポートシステムです。

  • 忙しい人でも無理なく通える

    NCWのコースはすべて週1日または2日のレクチャーです。仕事等で忙しい社会人や学生の方、さらに地方在住の方も無理なく通えます。また、毎回は出席できないという受講生は、欠席したレクチャーを後日、自宅にて動画視聴することができます。

  • 徹底した実践で“即戦力”を養う

    カリキュラムは実習(実践)が中心となります。それはニューシネマワークショップがプロの方法論に合わせて、時間をかけて独自に構築してきた本格的なものです。実習を集中して徹底的に行うことで、実際に映画の仕事に就いた時にすぐ活かせる“即戦力”を養うことができるのです。

  • “映画”を総合的に学べる

    各コースのレクチャー以外に、映画監督やプロデューサー、配給・宣伝のプロetc.を講師に招いての「特別講座」を年に数回開催します。[つくる][みせる]コース受講生はそのすべてを無料で受講でき、総合的に映画を学ぶことができます。

  • NCWの実績

    25年間で、50人の[つくる]コース卒業生が映画監督としてデビューを果たし、五百数十人の[みせる]コース卒業生が映画の仕事に就きました。NCWは日本の映画界において揺るぎない実績を築いています。

    実績・ OBの紹介

  • コース紹介

    NCWには、“映画をつくる人”を養成する「映画クリエイターコース」と“映画をみせる人”を養成する「映画ディストリビューターコース」の2つのコースと、映画俳優を養成する「映画アクターズワークショップ」があります。

    NCWの全体像