SUPPORT修了後のサポート

就職サポート
[配給部]

映画の仕事に就くまで、ずっとサポートを受けられます

映画ディストリビューターコース[アドバンス]を終了した人は、配給部に所属する資格を得ます。
費用はかかりません。所属年数の制限もありません。
配給部でさまざまなサポートを受けることによって、映画業界への道は確実に開けていきます。

映画の求人情報を優先的に受け取れる

映画業界からNCWに来る求人情報は、就職を希望する配給部メンバーに優先的に紹介します。その多くはNCWだけに来る求人情報です。この制度を利用してアプローチを続ければ、かなりの確率で目標に到達することができます。近年、NCWに来る求人の数は増加の一途をたどっており、映画の仕事に就くNCWOBも増え続けています。

実践で配給、宣伝等の“即戦力”を磨ける

配給部メンバーは、毎年恒例となったNCW主催の映画祭イベント「Movies-High」(ムビハイ)を始め、NCWが関わる映画やイベントの配給・宣伝等に参加することができます。実際に配給、宣伝や、映画祭の運営等を経験することによって、“即戦力”に磨きをかけることができ、就職にも有利に働く可能性が高まります。

POINT 1

年々増え続ける映画業界からの求人!

近年、NCWには映画業界から絶え間なく求人が来るようになりました。しかも、その数は年々増え続けています。その結果、配給部に所属し、映画の仕事を強く希望する人のほとんどが就職を果たしています。これは、NCW21年間の実績と知名度が業界に広く浸透していることの証明と言えます。そして、映画業界で活躍する数多くのOBとのつながりは何より重要で、彼らによる業界ネットワークはNCWの最も貴重な財産となっています。

POINT 2

「ムビハイ」で宣伝、運営を実践できる! 

「Movies-High」(ムビハイ)は、映画クリエイターコースの実習作品やOBがつくった作品を一般にお披露目する映画祭で、NCW1年間の総決算イベントとなっています。その宣伝および運営は、配給部メンバーが中心となって行われます。2017年7月、17回目の「ムビハイ」が、新宿の映画館「K's c inema」で1週間開催され、多くの観客を集め大成功で幕を閉じました。その際、宣伝等でがんばった配給部メンバーの経験は今後の映画の仕事にも活かされていくはずです。