COURSEコース紹介

映画ディストリビューターコース[ベーシック]

配給、宣伝など“ 映画をみせる仕事” の基本を修得します

[ベーシック]の特徴

  • “みせる仕事”を体系的に学べる

    映画の仕事に就くためには、日々変化する日本の映画状況を正確に把握する必要があります。[ベーシック]は映画産業のしくみや推移、各々の仕事の役割やノウハウ等の“みせる仕事”を体系的に学ぶことができる日本で唯一のコースです。ここで身につけた知識、情報が、映画業界へ踏み出すための大きな基礎となります。

  • 本格的実習で企画能力がアップする

    本コースでは、プレ宣伝実習(レポート作成)から、宣伝計画実習(宣伝計画書作成&プレゼン)、そして新規映画企画実習(企画書作成)という、3つの本格的実習を行います。受講生はこれらの実習を通して、分析し、考え、企画を立てるという仕事の上で基本的な訓練を重ねていき、個々人の企画能力もアップします。

  • 20人の先輩から活きた話が聞ける

    本コースは講師陣も多彩です。スペシャルスタッフ(特別講師)として招いた日本の映画業界を支える10人以上のプロの方々や、映画業界で活躍する多くのNCWOBたちのレクチャーを受けることができます。合わせて約20人の映画業界の先輩たちから聞く活きた映画の話は、映画の仕事に向かう大きな糧となります。

CURRICULUMカリキュラム

レクチャー

日本の映画状況とシステム

日本の映画産業の変遷や現状、システムなど、仕事に向かう上で必要な基本情報をインプットします。

  • 日本の映画産業の変遷
  • 日本と海外の映画状況
  • 日本の配給・興行の構造
配給

みせる仕事”の中核となる「配給」とはどういう役割なのか、どんなことをするのかを学びます。

  • 配給ビジネスの仕組み
  • 洋画買い付けの方法
  • 劇場ブッキングの方法
宣伝

映画を成功させるために「宣伝」は最も重要な役割を担います。その考え方と方法論を学びます。

  • 宣伝とは何か
  • 宣伝計画の立て方
  • パブリシティの方法
  • WEBパブリシティとは
映画祭

映画祭の役割は配給・宣伝とはかなり異なります。そんな映画祭の意義やつくり方を学びます。

  • 映画祭とは
  • 映画祭の企画、運営
興行、その他

みせる仕事”は他にもいろいろあります。[ベーシック]ではそれらをひと通り知ることができます。

  • 劇場経営の現実と未来
  • 映画出版とは
  • 予告篇のつくり方
  • OBレクチャー
  • OB懇談会

実 習

①プレ宣伝実習

公開中の映画を劇場で見て、観客等の分析をレポートにまとめます。宣伝実習の予行演習とも言えます。

  • レポート作成
  • レポート講評
②宣伝計画実習

これから公開される映画を試写室で見て、グループごとに宣伝計画を立て、プレゼンテーションを行います。本格的宣伝実習の第一歩となります。

  • 試写
  • 宣伝計画書作成
  • プレゼンテーション&講評
③新規映画企画実習

自分が将来実現させたい映画に関する新しい企画を考え、企画書にまとめ、プレゼンテーションを行います。良い企画は実現をめざしていきます。

  • 企画書作成
  • プレゼンテーション&講評
  • 企画書改訂版作成
  • 再プレゼン&講評

レクチャー 週2日/毎週月曜日と水曜日
時間 19:30~21:45
対象 映画をみせる仕事をめざす人で、初心者および経験の少ない人(18歳以上、ただし高校生は不可)
定員 45名
期間 半年間
4月コース:2018年4月~9月
10月コース:2018年10月~2019年3月
*4月コースと10月コースのカリキュラムは同じです。

NCWの全体像